お金

だれでも月30,000円貯める方法 支出を削減して貯蓄を増やそう

こんにちは
しゅうです

今回は、だれでも月30,000円貯める方法を話していきます。

前提は生活の満足度を下げずに支出を減らすことです。 

資産を貯めるスピードアップに必須なのは固定費を見直し

全人類がまず始めるべきは固定費の見直しです。

質問です。あなたの月の固定費を教えて下さい。

 

3秒以内に答えて下さい。

 

これが出来ない人はもう一度、確認してみて下さい!

過去の記事で私の固定費の削減記事がありますので、見てみて下さい。

月30,000円の固定費削減に成功してます。

固定費削減の最大のメリットは一度、見直すとその後、永続的に効果が続くというのものです。

貯める力は自分のやる気だけで今すぐ成果が出せます。

だからこそ、最初に取りかかるのは固定費の見直しなのです。

効率良く貯めるなら大きな固定費から見直そう

お金を貯める為には、支出(生活費)を減らす。生活費を効率良く下げるには、毎月かかり続ける固定費を見直すことから始めよう!

見直すなら大きな支出から始めることが大切です。

大きな支出から見直すと大きな金額を抑えられると効率良くお金が溜まっていきます。

具体的な固定費はこれだ!

通信費

1番初めに見直すべき固定費は通信費です。

あなたは、今スマホはどこのキャリアで契約していますか?

毎月いくら払っていますか?

スマホの通信費は、ドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアを利用している場合は約7,000円程度です。

スマホ本体の料金も含まれている場合は1万円を超える場合もあります。

格安SIMを利用している場合はの通信費の平均は、約2,000円〜4,500円程度です。

一人当たりの通信費は、平均で約5,000円〜7,000円と言われています。

参考資料;https://hoken-room.jp/money-life/7742

格安SIMに乗り換えれば、それだけで、毎月5,000円位以上の節約になります。

もし家族4人いたら毎月2万円の節約です。

美味しいご飯食べに行けたり、旅行に行けますね。

私の場合は、楽天モバイルを使用してます。

キャンペーン中に申し込んだので1年間無料です。

これだけで、月数万円の節約になっています。

お得なキャンペーンには乗ることをオススメします。

《格安SIMのエキサイトモバイル》

・ブロードバンド事業19年の実績 BB.exciteが運営
・業界最安水準だから安い
・音声通話SIMなら3GBで880円(税込)
・選べる2つの料金プラン(段階制料金と定額制料金)
・安心のdocomo回線、au回線
・1つの契約で最大5枚のSIMカードが利用可能

今すぐエキサイトモバイルに乗り換えてスマホ代を大幅節約する↓↓
スマホ乗り換えはこちら

基本的に違約金がかかってきても、乗り換えることをオススメしてます。

理由は、違約金(10,000円)を払っても月5,000円浮けば2カ月でペイできてしまうからです。

光熱費

意外と知られてないのが、電力会社は乗り換えられます。

2016年4月から選べるようになりました。しかし、自分で選んでいない人多いのが現状です。

自分で選べば安くなるところは多くあります。

基本的に工事はいらないです、そしてネットで簡単にできます。

申し込み手続きは一時間程度あればできます。

具体的なステップは以下です

  1. 毎月の電気使用量と金額を確認する
  2. 料金をシミュレーションする
  3. 新しい会社に申し込みする

これで毎月1,000円とかすぐに安くなります。

地域によって契約出来る電力会社が決まっているため、まずはシミュレーションしてみることがファーストステップです。

【お得な電力サービス】
ローソンと三菱商事による安心でおトクな電力サービス【まちエネ】

●ローソンの無料クーポンがもらえる
からあげクンやハーゲンダッツなどローソンで人気商品と交換できるクーポンが毎月必ずもらえます!

●Pontaポイントがたまる
毎月の電気料金1,000円につき10Pontaポイントがたまります!●映画がいつでもおトク
ユナイテッド・シネマ、シネプレックスの映画券がいつでも、何人でも、何回でも税込1,300円!

●電気代が安くなる
電気料金の内、従量料金の単価が0.5%〜最大13.4%安い

●安心
ローソンと三菱商事が提供する電力サービスで安心です。

お申込みは、WEBから最短5分、

平均10分とかんたん&今お使いの電力会社の解約手続きはまちエネが代行します(引越しの場合を除く)。

契約手数料や解約手数料もないので、気軽にお申込みいただけます。
今なら(2020年12月〜2021年3月末まで)、基本料金3か月無料キャンペーン実施中。

ローソンと三菱商事による安心でおトクな電力サービス【まちエネ】

保険

まず前提として、保険に入っているから病気にならないわけではありません。

不安という感情で、保険に入り過ぎると家計がひっ迫されてしまいます。

私自身は子供が生まれたら、保険は考えたほうがいいかなと思ってます。

さて、保険に入っている人は結構いると思います。

生命保険でも1世帯あたり平均38,2万円も払っているというデータがあります。

平成30年度 生命保険に関する全国実態調査

30年で約1,200万円弱ですね。他の保険も合わせると更に金額は跳ね上がります。

【保険の見直しは必須】

暮らしの見直しあれこれ相談【アレコ】

生活にかかるコストを一括で見直せるライフプランニングサービスです。

生活コスト改善の知識豊富なスペシャリストが細部までサポートし、 各社特徴の異なる保険商品の中からお客様にふさわしい最適なプランをご提案します。

お子さまと一緒のご相談でも、外出が困難な状況でも、 いつでもどこでも、お客さまのご都合に合わせて相談可能です。

暮らしの見直しあれこれ相談【アレコ】

家賃

大きな出費と言えば、家賃ですよね。

場所によりますが、東京であれば、1人暮らしなら5-7万円くらいはかかるのではないでしょうか。

ここが削れると生活はぐっと楽になります。その分貯蓄も進みます。

例えば、家賃の安い賃貸に引っ越しをする、彼女・彼氏と同棲する、友達とルームシェアするなど支払う家賃を安くする方法はあります。



荷物は収納スペースに送って、狭い部屋に住むこともありかなと思います。

収納スペースにお困りの方へ!

車を所有すると生涯で4,000万円かかると言われています。

以下はあくまで例です。

20~70歳の50年間、車を所有した場合で

  • 車体代金等:1,750万円(7年に1回程度の買い替え)
  • ガソリン代:520万円
  • 保険代(自動車保険、車両保険):490万円
  • 駐車場代;720万円
  • 自動車税、自動車重量税(車検時):470万円
  • その他消耗品

合計4,000万円のお金がかかると言われています。

つまり、月々約66,000円ということになります。

結構な額ですよね。。。

できるだけ車を持たないで暮らせる対策をしましょう。

私自身は数年前に車は売却しております。

税金

税金も大きな支出の一つです。

言われた通りに払っていたら搾取されっぱなしになることになります、、

ビジネスパーソンの働く意欲をごっそり削ぐ、税金「早見表」のパワーがヤバい - 税理士ドットコム

https://www.zeiri4.com/c_1076/n_768/

実は税金は家・車・保険に並ぶ支出の一つです。

何もしないとこんなに税金で引かれることになります。
年収の20%が税金で引かれているということは、週5日働く内1日は税金払う為に働いているようなものです。

以下の実践で税金の支払いがお得になります。

  • ふるさと納税
  • 医療費控除
  • 扶養控除

ひとまずこの辺は誰でもできる可能性があるのでオススメです。

ふるさと納税オススメの品を紹介してます。

まとめ

資産を貯めるスピードアップに必須なのは固定費を見直しです。

効率良く貯めるなら大きな固定費から見直すことが大切です。

お金を貯める為には、支出(生活費)を減らす。生活費を効率良く下げるには、毎月かかり続ける固定費を見直すことから始めよう!

見直すなら大きな支出から始めることが大切です。

具体的な固定費はこれです

    • 通信費
    • 光熱費
    • 保険
    • 家賃
    • 税金

これらを改めて見直してみて下さい

また更新します。