高齢の両親へプレゼントにオススメApple watch。高齢者の健康管理、急変時の救命に期待

ガジェット

こんにちはしゅうです。

今回は高齢の両親へプレゼントにオススメApple watch関して解説していきます。

実は高齢者、シニア層の健康管理、急変時の救命に期待が持てる機器なんです。

両親や祖母、祖父へ父の日や母の日、敬老の日、誕生日に何をプレゼントしようかと迷うことがあると思います。

そんな読者の皆さまに読んで頂けたらと思います。

3分ほどで読めますので、ぜひご覧ください!

重要度 ★★★☆

この記事を読むと
高齢者となった両親や祖父母へのプレゼントとしてオススメな理由
が分かるようになります。

高齢の両親へプレゼントにオススメApple watch series6

2020年6月18日にApple watch series6が発売されました。

今回は新たに血中酸素飽和度(SpO2)を計測できる「血中酸素ウェルネス」が実装されることで話題になりました。

急変時の主原因である心肺機能のチェックが可能になるわけです!

緊急通報SOS機能と組み合わせれば、急病の早期発見率を増やせる期待があります。

心拍リズムの微細な変動、加速度計が検出する生活の様子などから、予備的になんらかの疾患、変調を知ったり、あるいは転倒して怪我をしてしまい動けなくなったなど高齢者に多い事故の検出できることが期待されています。

遠く離れた家族が心配な方も多いと思います。

何かあったらどうしよう。

こんな家族想いな方に是非読んで欲しいです。

高齢者となった両親や祖父母へのプレゼントとしてオススメな理由を紹介していきます。

こちらの記事もオススメです!

Apple Watch Series 7が高齢者シニア層にオススメな理由

①血中酸素濃度が測れる

血中に取り込まれた酸素のレベル (血中酸素濃度) とは、赤血球によって肺から全身に運ばれる酸素の割合のことです。

血中酸素ウェルネス App を使えば、血中に取り込まれた酸素のレベルを手首からじかに、いつでも好きな時に (オンデマンドで) 測定して、全体的なウェルネスの状態を知ることができます。

ほとんどの人の血中酸素濃度は 95〜99%ですが、95%以下になっても通常の生活を送れる人もいます。

Apple Watch Series 6 の血中酸素ウェルネス App で、血中に取り込まれた酸素のレベルを測定する

apple公式:

Apple Watch Series 6 の血中酸素ウェルネス App で、血中に取り込まれた酸素のレベルを測定する
血中酸素ウェルネス App を使って、血液中に取り込まれた酸素のレベルを測定できます。

体がどれだけ酸素を取り込んで体内に供給しているかを知ることは、全身の健康状態を把握するための大切なバロメーターです。

Apple Watch Series 6のセンサーとアプリが、体に取り込まれた酸素のレベルをチェックできます。

1日を通してバックグラウンドで測定を続けることもできます。

apple公式:

Apple Watch Series 6
Apple Watch Series 6は、体に取り込まれた酸素のレベルをチェックできる新しいセンサーとアプリ、いつでもどこでも心電図を記録できる機能、そして進化した常時表示Retinaディスプレイを搭載しています。健康の未来が、手首の上に。
血中酸素ウェルネス App による測定は医療用ではなく、あくまで一般的なフィットネスとウェルネスを目的としたものです。

時計としての機能もありデザインもおしゃれですし、これが数万円で購入できるのはコスパ良いと思います。

②心拍数の計測が可能

「心拍数」Appの画面。左下に現在の心拍数が表示され、その下に最後の計測結果が小さい文字で表示されています。上には1日を通じた心拍数の詳細に関するグラフが表示されています。

Apple watchは心拍数を自動的に記録してくれます。

高心拍数または低心拍数についての通知を受け取る、頻脈や徐脈など不規則な心拍についての通知を受け取る機能が装備されてます。

Apple Watchの心臓モニター機能はたびたび命を救ったというニュースがネットに上がってます。

13歳(当時)の少年がApple Watchのおかげで、早期に心臓の手術を受けられた事例が報告されています。

Apple Watchの心拍数モニター、13歳の少年の命を救う 

③運動不足解消が期待できる

アクティビティリングを文字盤に設定することで、視覚的に現在の活動量を知ることができます。

「アクティビティ」の画面。「ムーブ」、「エクササイズ」、「スタンド」のリングが表示されています。

目標消費カロリーの移動(赤)、約30分のエクササイズ(緑)、定期的なスタンド(青)を達成するとリングが完成します。

リングが完成しないと居心地が悪くなりますので、半強制的に活動するきっかけになります。

エクササイズはジョギングだけでなく、階段昇降、坂道の移動でもカウントできます。

手動入力はできないようになっています。

1日の終わりに家族に共有して、「今日はこんなに運動したよ!」なんて会話ができたらよいですよね!

④転倒したことが分かる

Apple Watch Series 4 以降は、着用者が転倒した場合、そのことを検知して、必要に応じて緊急通報サービスに連絡してくれます。

1 分間なんの動きもないことを検知した場合は、30 秒のカウントダウンが始まり、その間、着用者の手首を叩き続け、警告音を鳴らします。

「ひどく転倒されたようです」というメッセージ。

警告音は徐々に大きくなるので、近くに誰かいれば気づいてもらえます。

緊急通報サービスに電話したくない場合は、「キャンセル」をタップできます。

カウントダウンが終わると、自動的に緊急通報サービスに電話がかかります。

いくつか事例が載ってたので紹介します。

転倒した米アリゾナ州の男性、Apple Watchに救われる

またApple Watchが高齢者の命を救う、92歳男性の落下を自動通報

⑤GPS機能で早期発見が可能

認知機能の低下により迷子が心配な両親や親族の所在をリアルタイムに確認することができます

Wifiモデルとセルラーモデルがありますが、ペアリングしているiPhoneがそばにないと、Wifiモデルは位置情報を発信できないので追跡用GPSとして使うならセルラーモデルが必須です。

⑥ファミリー設定共有が可能

ファミリー共有設定とは、家族の誰か1人がiPhoneを所有していれば、他の所有していないメンバーでも、Apple Watchの機能がフルに利用できるようになります。

セルラー対応Apple Watchを着用している家族は、iPhoneを持っていなくても、通話、FaceTimeの利用、メッセージやメールの送受信などが行なえます!

Apple Watch用のApp Storeから直接アプリをダウンロードする、Apple Musicを聞く(契約していれば)、アクティビティリングを使うなど、Apple Watchの全機能を利用することができます。

ファミリー設定共有でセットアップしたApple Watchを子供や高齢者に装着するよう促しておけば、所在地やバイタルの状況をリモートで把握できます!

まとめ

今回は高齢の両親へプレゼントにオススメApple watch series6関して解説してきました。

実はApple watch series6は、高齢者、シニア層の健康管理、急変時の救命に期待が持てる機器なんです!

両親や祖母、祖父へ父の日や母の日、敬老の日、誕生日に何をプレゼントしようかと迷うことがあると思います。

そんな読者の皆さまに読んで頂けたらと思いこの記事を書きました!

高齢者となった両親や祖父母へのプレゼントとしてオススメな理由は、

  • 血中酸素濃度が測れる
  • 心拍数の計測が可能
  • 運動不足解消が期待できる
  • 転倒したことが分かる
  • GPS機能で早期発見が可能
  • ファミリー設定共有が可能

ざっと上げただけでも上記6個もメリットがあります。

数万円で両親や親族の健康を守れる可能性があるのは魅力的だなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました