転職

【転職したい人必読】失敗しない、転職 会社選びの3つの基準

こんにちは!しゅうです。

定年まで転職せずに同じ会社で働き続ける人が大多数だった一昔前と比べ、現在ではキャリアアップを目指し、若くして転職に踏み切る人が増えています。

私の周りでも、転職に迷っている方、自分はこのままの働き方でいいのか、と考えている方は多いです。

転職にはリスクがありますが転職活動にはリスクはありません。

どんどん行動してより良い会社へ転職しましょう。

今回、お伝えすることは、

  • 会社選びの3つの基準
  • 活躍の可能性を確かめる3つの質問

になります。

こちらの本を参考にしております。

私自身も医療業界で働いております。
医療業界は比較的安定している職業であり、国家資格を持っているので全国どこでも働くことができます。

私自身も28歳になり30歳も目の前に差し掛かってきて、自分のキャリアや人生について真剣に考える時間が増え、このまま医療業界で働く人生か、もしくは違う業種へ転職をするのか、結構考えて転職することにしました。

会社選びには3つの基準がある

まず結論ですが、会社選びには3つの基準があります。

  1. マーケットバリュー
  2. 働きやすさ
  3. 活躍の可能性

以前、投稿した記事で『転職の思考法』から学ぶマーケットバリューの高め方に関してまとめています。

ここではマーケットバリューが大切と伝えてました。

一方で「働きやすさ」も重要ですが、マーケットバリューと相反するものではないです。

むしろ、長期的には一致することが多いです。マーケットバリューが高い人が集まる会社のほうが、長い目で見ると、働きやすいです。

1.マーケットバリュー

マーケットバリューとは

技術資産=「どんな会社でも通用するスキル」
人的資産=人脈
業界の生産性=一人当たりの粗利
で決まります。
転職できるかどうかはマーケットバリュー(あなたの転職市場価値)できまります。
マーケットバリューを高めるには上司ではなく、お客さんを見て働くことが重要です。

2.働きやすさ

私の中で働きやすい会社とは以下のように考えています。

  • 時間や場所にとらわれない働き方ができる
  • 社内の風通しが良い
  • 休暇や福利厚生が充実している
  • 残業が少ない

時間や場所にとらわれない働き方ができる

2020年は新型コロナウイルスの影響もあり、リモートワークやフレックスタイム制の導入など、時間や場所にとらわれない働き方が増えてきました。

こうした働き方はプライベートを充実させることができたり、家事や育児と仕事の両立がしやすくなったりと、従業員にとっての「働きやすさ」にもつながっています。

私は満員電車が大の苦手なので、時間や場所にとらわれない働き方ができるのは必須です。

社内の風通しが良い

業務を行う上で、従業員同士の人間関係が良好かどうかは非常に重要です。

人間関係が悪いとコミュニケーションの数が減り、職場の雰囲気も悪くなってしまいがちですよね。

結果、業務の効率が悪くなったり、従業員の生産性が下がったりといったことにつながってしまうでしょう。

仕事を行う上で人間関係は重要ですね。

休暇や福利厚生が充実している

土日祝日休みや長期休暇の制度がある、残業や休日出勤を強要されないなど、適切な労働時間と休日を重視している企業が「働きやすい」と思います。

また、社宅や寮、健康診断(人間ドック)といった福利厚生制度が充実している会社は良いですよね。

残業が少ない

残業が少ない、または残業をなくそうと取り組んでいる企業は、従業員のワークライフバランスに十分な配慮をしているといえます。

一般的な平均残業時間は20時間前後といわれており、1カ月に20日間の出勤を想定したとき1日あたり平均1時間となります。20時間という数字だけでなく、仕事とプライベートの両立が可能な範囲内での残業時間であるかどうかも大事な視点です。

3.活躍の可能性

自身がその会社に入って、活躍できるのか、これってめちゃくちゃ重要です。

どんな企業であれ、業種であれ、自分か活躍できなければ企業にとってはお荷物になってしまいます。企業はその人に対して給料を上げるでしょうか。リストラの対象にならないでしょうか。

あなたが活躍できる可能性を確かめる3つの質問がありますでので是非面接で確認してみて下さい。

  1. どんな人物を求めていて、どんな活躍を期待しているか
  2. 今いちばん社内で活躍し、評価されている人はどんな人物か?なぜ活躍しているのか?
  3. 自分と同じように中途で入った人で、今活躍している人はどんな部署を経て、どんな業務を担当しているのか?

この3つを聞いたうえで、自分が社内で活躍できるイメージを持てればOKです。

反対に持てなければ活躍できる可能性は低く、結果的に転職後に苦しむ可能性は高いです。

まとめ

会社選びには3つの基準があります。

  1. マーケットバリュー
  2. 働きやすさ
  3. 活躍の可能性

1.マーケットバリューとは

技術資産=「どんな会社でも通用するスキル」
人的資産=人脈
業界の生産性=一人当たりの粗利
で決まります。
転職できるかどうかはマーケットバリュー(あなたの転職市場価値)できまります。
マーケットバリューを高めるには上司ではなく、お客さんを見て働くことが重要です。

2.働きやすさとは

私の中で働きやすい会社とは以下のように考えています。

  • 時間や場所にとらわれない働き方ができる
  • 社内の風通しが良い
  • 休暇や福利厚生が充実している
  • 残業が少ない
3.活躍の可能性とは

自身がその会社に入って、活躍できるのか、これってめちゃくちゃ重要です。

どんな企業であれ、業種であれ、自分か活躍できなければ企業にとってはお荷物になってしまいます。企業はその人に対して給料を上げるでしょうか。リストラの対象にならないでしょうか。

あなたが活躍できる可能性を確かめる3つの質問がありますでので是非面接で確認してみて下さい。

  1. どんな人物を求めていて、どんな活躍を期待しているか
  2. 今いちばん社内で活躍し、評価されている人はどんな人物か?なぜ活躍しているのか?
  3. 自分と同じように中途で入った人で、今活躍している人はどんな部署を経て、どんな業務を担当しているのか?

この3つを聞いたうえで、自分が社内で活躍できるイメージを持てればOKです。

◆◇フリーエンジニアの案件探しならフューチャリズム◇◆   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スキルアップしながらしっかり稼げる優良案件を中心にご紹介。 継続率は9割を超えており、高い満足度をいただいておりますので、 フリーエンジニアとして長く活躍したい人はぜひご相談ください。

人生は有限です。どんどんチェレンジしていきましょう!